ホーム » スタッドレスタイヤの購入
高額の車査定会社を見つけるなら、一括査定.com
------------------------------------------------------------------------

「スタッドレスタイヤの購入」の記事一覧

  • 2009冬向け新作スタッドレス
  • スタッドレスタイヤの選び方・基礎編
  • ダンロップのドリカム着うたキャンペーン
  • スタッドレスタイヤのちらしが入ってきました
  • ミシュランのスタッドレス新製品
  • ダンロップのスタッドレス新製品
  • ブリヂストンもSUV用新製品を発表
  • 横浜ゴムも新製品発表
  • 東洋ゴム スタッドレスのCM開始
  • 日本ミシュラン、X-ICE TV をリニューアル

2009冬向け新作スタッドレス

やっと暑くなってきた函館地方ですが、すでにこの冬の新作スタッドレスの情報が見られるようになって来ました。

横浜ゴムはSUV用スタッドレスタイヤ『ジオランダー』を9月から順次発売すると発表しました。

※念のため、、、SUVとは「Sports Utility Vehicle」の略。ジープなどに代表されるオフロードタイプの車に乗用車的な要素を加えて現代的に解釈した車とされています。一般的には大径のタイヤと高い車高が特徴です。街乗り性能が重視されていて、悪路の走破性能はそれほど高くないようです。近年はその高い車高からの見晴らしの良さ、高級セダン並みの豪華な装備で選ばれるクルマとなり、ステータスシンボルといえるかもしれません。
主な車種は、●トヨタ(RAV4、ハリアー、ハイラックスサーフ、ランドクルーザー・プラド、ランドクルーザー100) ●日産(X-TRAIL、ムラーノ、サファリ) ●ホンダ(CR-V、エレメント) ●三菱自工(パジェロio、アウトランダー、パジェロ) ●マツダ(トリビュート、CX-7) ●スバル(フォレスター、アウトバック) ●スズキ(ジムニー、エスクード) ●ダイハツ(ビーゴ)


横浜ゴムはSUV用スタッドレスタイヤ『ジオランダー』の発売サイズは175/80R15 90Q - 235/55R19 101Qの全22サイズで価格はオープン価格だそうです。

このジオランダーの特徴は三つ
(1)ヨコハマ・SUVスタッドレスタイヤ史上最高の氷上性能
 温度対応コンパウンドを採用してアイスバーンでの制動距離を30%短縮できたそうです。
(2)クールデザイン
(3)環境性能
 ころがり抵抗を従来比で5%低減することができたそうです。

制動距離30%短縮というのは、すごいですね。

これから他のメーカーもいろいろな製品を出してくることでしょう。楽しみですね。

スタッドレスタイヤの選び方・基礎編

1)サイズ
まずは自分が乗っているクルマのサイズに合うもの
タイヤのサイズは、大体クルマのドアを開けたところに書いてあります。

2)使い道
自分なりの使い道を考えてみましょう。
「レジャー用としてワンシーズンだけ使えればいい」というなら価格を優先してもOK。
数シーズンにわたって使いたいのならば、各商品の耐久性にも注目しましょう。

また、圧雪状態の路面が多いのか、凍結路面が多いのかもポイントになります。
雪が少なく、乾燥路面が多いばあいもありますね。

メーカーによる得意不得意がありますので、販売店のスタッフに意見を聞いてみるのもいいですね。

なれないうちは、幅広い品揃えの販売店を選ぶ方がいいでしょうね。

タグ / 

ダンロップのドリカム着うたキャンペーン

いよいよ明日から10月ですが、ダンロップの着うたキャンペーンが始まります。
ダンロップのホームページでも、まもなく開始という予告がされています。

まもなく0時になりますから、いっせいにアクセスが集中するんだろうな。
タイヤの購入に関わらず携帯電話のキャンペーンサイトへアクセスすると抽選で5万人にDREAMS COME TRUEが歌うCMソングの「着うた」が当たります。
「ドリカムCMソング着うたプレゼントキャンペーン」は10月1日から10月26日まで。


これは、「新デジタイヤスタッドレスDSX-2デビューキャンペーン」の一つのですが、もう一つの内容は、
期間中にダンロップのスタッドレスタイヤを4本購入した人の中から抽選で、10万円分の旅行券や1万円分の音楽ギフト券が当たる「ギフト券プレゼントキャンペーン」です。

「ガッチリ止まってしっかり曲がる」がキャッチフレーズの新商品の『DSX-2』、楽しいキャンペーンです。

スタッドレスタイヤのちらしが入ってきました

今日の夕刊の折込チラシの中にジェームスのチラシが入っていました。
いよいよ各メーカーの新作スタッドレスの販売が始まりましたね。

今回のジェームスのちらしでおもしろかったのは、「クロス交換」という制度です。

夏タイヤがスチールホイールの人に対するお薦めプランだそうです。
今回スタッドレスタイヤとホイールのセットを購入。
実際は、夏タイヤのスチールホイールを購入したスタッドレスタイヤに装着。
夏タイヤには、今回セットで購入したアルミホイールを装着する。
というものです。

3万円以上6万円未満の買いものなら、工賃が半額。
6万円以上なら工賃無料。

夏は足回りが注目されるし、走りも問われるのでアルミで。
冬は悪路なので、スチールで十分ということですね。

新作スタッドレスは、各会社とも意欲が感じられる製品です。
乗用車用だけでなく、小型トラック用のタイヤもTOYOやミシュランが新作を出しています。
氷上性能を高めながら、摩耗に強くコスト削減ができるということを目指した製品です。
ここでも激しい競争が行われていますね。
競争によって良いものが生まれて行くという良い循環です。

ミシュランのスタッドレス新製品

ミシュランもスタッドレスタイヤの新製品を発表しました。

新開発、「X-ICE XI2(エックスアイス エックスアイツー)」だそうです。
発売は9月1日から。

昨シーズンも
「顧客満足度第1位」というフレーズをよく聞きました。
(ブリヂストンが「一番使われている」ということを口癖のようにいうのと対応しています。)

5年連続顧客満足度第1位を獲得したX-ICEの後継モデルですから、人気は出てくることでしょう。

ミシュランホームページによると、その特徴は
・凍結路面でのブレーキング&トラクション性能向上
・スノー路面でのトラクションについて性能向上

ミシュランは本来フランスのメーカーですが、「X-ICE XI2」は日本で開発が行われ、日本で生産されます。
日本はミシュランのスタッドレスの約半数を占める重要なマーケットなんですね。
また、"世界で最も過酷"と言われる日本のウインタードライブを研究したためでもあるそうです。

これで、だいたいのメーカーの2008スタッドレスが出そろった感じですね。
まだまだ雪は降ってほしくないですが、各メーカーの熱い戦いは興味深いです。

ダンロップのスタッドレス新製品

タイヤメーカー各社とも新製品の発表を迎えて、これからスタッドレスに力を入れようとという時期ですね。

ダンロップのホームページによると、ダンロップは乗用車用スタッドレスタイヤに新製品を投入、発表したようです。

「DSX2」です。

これは、DSXの後継のようですね。
キャッチフレーズは「ガッチリつかみ、しっかり踏ん張る。」
1)氷に強いテトラピックが2倍の大きさになって、ひっかき性能が向上
2)剛性紺トール剤の採用により、ゴムの柔らかさとしっかり感を両立
引っかき性能を上げるために、トレッドパターンを工夫したり、引っかく素材を配合したりというのは、面白いですね。
今回興味を引かれたのは剛性コントロールというところです。
止まるためには素材のやわらかさがとても必要です。しかし、コーナーを曲がるときに妙にやわらかくて頼りなさを感じることがこれまでもありました。
しっかりと踏ん張って、思い通りに曲がれるというのがウリです。

低温時に必要な柔軟性と剛性感を両立させることができる新素材が使われています。


時速30km/h殻のロックブレーキテストというのは、以前から行われていましたが、今回もその結果が紹介されています。
DSXが31.5mかかったのに対して、新製品DSX2は29.5mだったそうです。単純に2mは制動距離は短くなっています。
タイヤサイズは88用意される模様。価格はオープン。

タグ / 

ブリヂストンもSUV用新製品を発表

トーヨー、横浜に続いてブリヂストンからも新製品の発表がありました。

SUV/4×4専用スタッドレスタイヤ「BLIZZAK DM-V1」を2008年9月1日より発売するそうです。

このDM-V1は、REVO2で評判のよかった「レボ発泡ゴムZ」を採用しています。
この発泡ゴムはすばやくすべりの原因である水を吸収します。
また、バイト粒子というものが固定されていて、その硬い粒子が引っかき効果をアップさせます。

ブリヂストンの発表では氷上ブレーキ性能は11%アップしているそうです。

パターンも工夫されていて、これはどちらかというとドライ性能を上げる効果をあげることに貢献しています。

ゴムが硬化することで、スタッドレスタイヤの性能が一気に下がってしまいます。
つまり、長持ちさせるためにはゴムの硬化を防ぐことが必要なのです。
発泡ゴムはゴム内の多数の気泡でやわらかさを確保しています。
これは、ほかの硬化防止策よりも経年変化が少ない優れた方法です。

ほかのタイプもおいおい登場するでしょうね。楽しみです。

横浜ゴムも新製品発表

先日の新聞によると、横浜ゴムもドタッドレスタイヤの新製品を開発し、9月から販売開始するそうです。

我が家でもアイスガードを使っていますが、コストパフォーマンスはいいです。
今回は3年ぶりの新製品出そうです。期待できそうですね。

製品名は「アイスガード トリプル」
特徴は、タイや接地面のスレッドゴムに、吸水性に優れた新素材を配合したこと。
滑りの原因となる氷上の水を吸収して排除する空洞もより小型化して三倍にするなど路面をしっかりととらえる機能が強化されています。

横浜ゴムの発表では、制動性能は従来品に比べて
・アイスバーン → 7% 向上
・濡れた路面 → 11% 向上。

サイズは88サイズあるそうです。
確かにたくさんのサイズがありますよね。
しかし、なんだか無駄も多いような気がします。
この件については、自動車メーカーもサイズを減らしていく方向へ動いた方がいいのではないでしょうか。

それはさておき、新製品アイスガードトリプルも手頃な値段だといいですね。
 

東洋ゴム スタッドレスのCM開始

2008年も半分が終わりました。
早いですね。
お正月、スタッドレスタイヤで走っていましたが、今は夏タイヤ。
これから夏だ。ドライブだ。と思っていたところですが、TOYOでは先取りしてスタッドレスタイヤのCMを明日7月1日から放送するそうです。

私自身は以前から、夏の終わりにすでにストーブのコマーシャルが流れたりするのは、あまりいいもんじゃないなと思っていました。
先取りして消費者に印象付けたいのはわかりますが、季節感がないというか、無神経というか、・・・。

今回のTOYOのコマーシャルは
「新技術!新体験!新CF!
ミニバン専用スタッドレスタイヤ新商品CF」
というコンセプトだそうです。

ミニバンに特化したしかも、新技術が投入されたタイヤということで興味深いです。
HPには、CFのカットが紹介されていますが、スケートリンクでの走行シーンがあるようです。どちらかというと、理性に訴える感じじゃないですかね。
製品は8月1日発売開始のようです。

HP(http://www.toyo-rubber.co.jp/news/2008/080630_2.html)より少し引用します。
*****引用*********
商品発表前のCF放映は当社でも初めての試みであり、タイヤ業界でも異例の新しい取組みです。
今回の新商品の「当社スタッドレス史上初!新技術搭載」というニュース性を高めると同時に、購買シーズンがくる前に多くのお客様にその新しい効き目を体感していただけるよう企画いたしました「スケートリンク試走会」への参加もアピールします。
*****引用終わり*******

また、上記HPによると、【一般公募によるスケートリンク試走会】が行われるとのこと。
北海道に住んでいても、スケートリンクそのものはもちろん、それに近い状態のところでの車の運転はそう簡単に体験できません。
本当の道路でミラーバーンによって制御不能になってしまったらしゃれになりませんし。
これはぜひとも体験したいです。

参加者の募集は、7月1日(火)オープンの、HP(http://toyotires.jp/)上の応募窓口から。応募条件など詳しくはそちらをご確認ください。

北海道・東北・関東・中部・関西の5会場、抽選で250名。
CFと同様にスケートリンクの氷上で試走できます。
新商品のスタッドレスタイヤの制動・コーナリングなど「かつてない効き」を体感できるそうです。

北海道は会場はどこかな。近いようなら応募するんだけど。
北海道は東西も南北もほぼ700kmあるんです。
本州ならいくつもの県が含まれてしまいますね。
北海道でもどこなのかが問題になるんです。

日本ミシュラン、X-ICE TV をリニューアル

私がはじめて購入したスタッドレスタイヤはミシュランでした。
スパイクタイヤから履き替えて、不安だったのを覚えています。
今振り返ると、当時としてはいいスタッドレスタイヤでした。

ライブドアニュースによると、日本ミシュランのHP内の動画コンテンツである「X-ICE TV」がリニューアルされたそうです。
早速訪れてみました。

下記アドレスから
http://www.michelin.co.jp/index.html

要はX-ICEのコマーシャルなのですが、なかなかかっこいいです。

キャッチフレーズは「あなたの知らないアイスブレーキ性能へようこそ」

他に「25年、スタッドレスタイヤの旅」というコンテンツもあります。
お勧めです。

トラック査定
Amazonライブリンク
楽天市場

Return to page top