ホーム » » スタッドレスの比較2012-2013
高額の車査定会社を見つけるなら、一括査定.com
------------------------------------------------------------------------

スタッドレスの比較2012-2013

今シーズンは雪が遅くなっていますね。
それでも必ずお世話になるのが、スタッドレスタイヤ。
2012-2013のスタッドレスタイヤの比較をネットや雑誌などの情報を元に行いました。

あくまでも参考ということでご覧ください。


【停止性能】 氷上性能・雪上性能と分けている場合も多いです。
実際はどちらかが高く、もう一方が低いということは少ないようです。


横綱=ブリヂストン BLIZZAK REVO GZ
 先進技術がきちんと集約されていて、信頼性が高い。王者ですね。

横綱=ミシュラン X−ICE XI3
   ※今シーズン発売モデル
 北海道での実験を繰り返した製品らしいです。


大関=ヨコハマ iceGUARD 5
   ※今シーズン発売モデル
 省燃費性能も高いということが売りです。

大関=ダンロップ WINTER MAXX
   ※今シーズン発売モデル
 独自技術「ミウラ折サイプ」をさらに進化させ、路面への引っ掻き効果を高めた。
 氷上ブレーキ性能が向上。



【ドライ路面】冬の初めや終わりには、ドライ路面を運転することも多くなります。
ドライ路面での性能は、下記2つがいいとされています。

ミシュラン X−ICE XI3
コンチネンタル ContiViking Contact5



【コストパフォーマンス】基本的に値段に比例して性能が高いという観点で。

横綱=ヨコハマ iceGUARD トリプル プラス
 雪上性能に優れているらしい。

横綱=ダンロップ DSX −2
 独自技術「ミウラ折りサイプ」を継承。

大関=ブリヂストン BLIZZAK REVO 2 
 素材、構造ともに工夫が凝らされている。

大関=ピレリ WINTER ICECONTROL
 氷上・雪上性能、ドライ路面、低ノイズなど機能のバラスが良い。

関脇=グッドイヤー ICE NAVI ZEA
 基本性能が高い。

タグ / 

コメントを投稿する

お名前
URL
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

トラックバックURL

 
 

トラック査定
Amazonライブリンク
楽天市場

Return to page top