ホーム » 車のコラム » ハコスカについて
高額の車査定会社を見つけるなら、一括査定.com
------------------------------------------------------------------------

ハコスカについて

ニッサンの代表的な車のひとつ、スカイライン。
圧倒的な存在感があって、車それほど詳しくない人でもその名前は知っていますね。

特に初期のころのハコスカと呼ばれる箱型スカイラインは、特別な存在です。
ある種のノスタルジーを感じますね。

中古車市場でも、高値で取引されています。

量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」から始まったとも言われています。

歴史をひもといてみれば、1968年7月にデビューしたハコスカは、最初は1500ccのセダンのみという設定でした。しかし、その2か月後に直列6気筒のL20型エンジンを搭載したハコスカ2000GTが誕生したのです。
発売開始から2か月後に新エンジン搭載というのはとても期間が短いですね。
スカイライン2000GTに搭載されていたL20型のエンジンは日産製のエンジンです。

そして、翌年2月にはハコスカGTRが誕生、同年8月には1800ccが追加されました。
ハコスカGTRに搭載されたS20型エンジンや1500cc・1800ccの4気筒エンジンはプリンス自動車の開発によるエンジンでした。
 ハコスカは、ちょうど日産とプリンス自動車の合併後、最初の車両なので、このようにグレードによってハコスカに搭載されるエンジンの種類が混ざってしまっているわけですね。スカイラインで同じ車種なのにグレードの違いであれほど特徴に違いがあるのも納得です。
 そして、L型エンジンといえば、今やハコスカのチューニングの世界では知らない人は居ないくらいのエンジンですよね。L型エンジンの名前の由来は直列(Line)エンジン」のLineの「L」を取ってるらしいです。
 このエンジンはスカイラインだけでなく、フェアレディZやセドリック・グロリアへも搭載されていました。
 もともと剛性が高く、ポテンシャルがとても高いエンジンなのでチューンナップを施せば、飛躍的にパワーアップすることが出来ます。
 今でもハコスカは現役でゼロヨンの競技やレースの世界で活躍していますから、ハコスカの心臓はまさに不朽の名機といえるスーパーエンジンですね。


そんなハコスカシリーズの中で、ハコスカの6気筒のスカイラインGTモデルは、4気筒に比べて長いエンジンを搭載するために、ノーズを195mm延長しています。

これはセダンもクーペも変わらず、デザイン上でもとても大きな差となっていますね。
あの頃、ロングノーズのスタイルはとてもレーシーで、ハコスカは誰もが認めるスポーツカーとしての証でした。

コメントを投稿する

お名前
URL
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

トラックバックURL

 
 

トラック査定
Amazonライブリンク
楽天市場

Return to page top