ホーム » スタッドレスタイヤの比較 » 氷雪上性能はブリジストンが高レベル
高額の車査定会社を見つけるなら、一括査定.com
------------------------------------------------------------------------

氷雪上性能はブリジストンが高レベル

ポイント
○氷雪上性能
・ブリヂストンがかなり高いレベル→「除水効果」の高い発泡ゴムを採用

※発泡(風)タイプを開発した某メーカーについては過去のイメージを払拭し、高いパフォーマンスを得ているが、発泡の数を見ても、ブリヂストンまでの技術に達してない。


○ゴムに異物を混ぜている商品
・ファルケンEP-03の「ブレスパーミス(軽石)」が一歩抜きん出ている

※ファイバーやクルミではひっかき効果が薄い。
特にファイバーをタイヤ表面に垂直に立てる配合は物理的にも難しく、降雪地区での販売実績は低い。

※メーカーによっては肝心なところはイメージ図なり、CG画を載せていかにも優れた効果があるように見せているようにも・・。


注意
ブリヂストンの性能が高いとはいえ、ユーザーの用途によって、選択の仕方が変わってくる。

例えば
・ハイパワー車や輸入車から支持の高い→ミシュラン
・ドライ路面での安定感が抜群にいい(スタッドレスをサマータイヤ感覚で走りたい方)→ピレリ
・通勤や仕事でワンシーズンの走る距離の多い方、2年ぐらいで交換が必要となる方には安くて、そこそこのスタッドレスでも充分と判断できることも

タイヤ性能比較のページというところからの引用ですが、わかりやすいし、説得力があります。
「TIRELAND@OZAWA」というところが運営しているサイトです。


総合力ではブリヂストンなんですね。

タグ / 

コメントを投稿する

お名前
URL
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

トラックバックURL

 
 

トラック査定
Amazonライブリンク
楽天市場

Return to page top