高額の車査定会社を見つけるなら、一括査定.com
------------------------------------------------------------------------

自転車のタイヤからスタートのミシュラン

我が家のはじめてのスタッドレスタイヤがミシュランだったことは以前書いたと思います。
何事も最初のものというのは印象が深いもので、いまだにミシュランに対しては良い印象をもちつづけています。
今はヨコハマですが、それは予算的な問題が大きいわけです。

さて、先日世界三大タイヤメーカーについて書きました。
現在トップはブリヂストンです。
二位と三位の差はわからないのですが、ミシュランとグッドイヤー。
今回は私が好印象を持っているミシュランについて。

物の本によると、ミシュランという会社ができたのは1891年。
自転車のタイヤ修理を短時間で行えるシステムを作り上げ、そのごミシュラン製の自転車がフランスの自転車レースで優勝したことで一気にミシュランタイヤの人気が高まったそうです。
ミシュランは自転車のタイヤからタイヤメーカーとして大きく飛躍したのですね。

そのご、低圧タイヤ、ゴムタイヤ式鉄道車両用の空気入りタイヤを次々に開発し、1937年にははじめてスチールコードを使った「メタリック」タイヤを発売しました。これって、いまでいうラジアルタイヤですよね。
タイヤ界のパイオニアです。

ミシュランといえば、ミシュランマン。これはフランスでは「ビバンダム」と呼ばれているそうですが、世界でもっとも古いキャラクターだそうです。1898年生まれ。

当時のタイヤは炭素によるゴムの強化技術がなく、黒くなく白っぽかったから、ミシュランマンも白いのです。面白いですね。フランケンシュタインの包帯を真似たわけではないのです。

ミシュランは各地に傘下企業を持っており、その土地の最適ブランドを選定して展開するマルチブランド戦略を進めています。ヨーロッパでは、クレーベル、アメリカではBFグットリッチ、ユニロイヤルなどという具合です。

余談ですが、レストランガイドである「ミシュランガイド」は、このタイヤメーカーがはじめた企画なのだそうです。これには私はびっくりしました。まったくつながりに気が付かなかったです。

「より安全で楽しいドライブのためのガイド」というコンセプトで当初は自動車修理工場、市街地図、ガソリンスタンド、ホテルなどドライバーのためのガイドだったようです。その後、ガイドブックが粗末扱われているのを目撃した社長は、有料化を決意しレストランを星でカテゴリー分けするシステムも導入されました。1930年代。それは、自動車が世界各地で急速に普及し始め、タイヤ需要が急拡大した時期のことでした。

タイヤだけでなく、文化的な面も牽引しているメーカーなんですね。ミシュランは。
強烈な存在感を保っている企業です。

世界3大タイヤグループとは

自動車のタイヤにもいろいろなブランドがありますが、世界3大タイヤグループ傘下となっている場合が多いようです。
世界3大タイヤグループとは下記をさします。
( )は傘下のブランド
・グッドイヤー(ダンロップ、住友ゴム、ピレリ)
・ミシュラン(クレベール、BFグッドリッチ、ユニロイヤル)
・ブリヂストン(ファイアストン、コンチネンタル)

現在は、日本車の快進撃もあってブリヂストンが世界第1位にのし上がっているます。
私たちにとってももっともなじみが深いメーカーですね。
スタッドレスタイヤでも北海道では人気No1ですね。
昔から聞きなれていて安心感もあります。

F1フォーミュラワン・ワールドチャンピオンシップのワンメイク、公式タイヤサプライヤーとなっています。
※ワンメイクとは、モータースポーツの世界において、レースに使用するエンジン・タイヤ・シャシーなどのコンポーネントを単一メーカー、または単一スペックのものに限定することを指します。(wikipediaより)

ブリヂストンは創業者石橋正二郎の姓を英語風にもじったものであるということはあまりにも有名な話ですね。
実は、その前進は日本足袋タイヤ部というところだそうです。また、導入したタイヤ製造システムはグットイヤーのものだったそうです。

いろいろと面白いです。ミシュランやグッドイヤーについても機会があったら歴史などを調べてまとめみたいと思います。

ガソリン値上げ エコドライブを

ガソリンの値段が再度値上がりしました。
原油自体が値上がりしていますから、この機会に石油会社も税金だけでなくコストも付加して値段をつけているようです。

結局自衛することが必要といえますね。
そのために、エコドライブが推奨されています。

1) 発進はゆっくり
最初の5秒で時速20キロで走るというような、ゆっくりな発進

2) 速度変化の少ない運転
車間距離は余裕をもって、できるだけ一定速度で走る

3) 停車が予想できたらアクセルオフ
エンジンブレーキを積極的につかう

4) エアコンの使用を控えめに
エアコンはエンジンの回転数を上げるので控えめに

5) アイドリングストップ
無用なアイドリングをしない
※エンジン停止中はエアバッグは機能しません。注意しましょう。

6) 暖機運転は適切に(ほとんどの場合必要ありません)
エンジンをかけたらすぐ出発しましょう

7) 道路交通情報を調べておく
出かける前に計画・準備をして、スムーズに目的地につけるように経路を考えます

8) タイヤの空気圧をこまめにチェック
タイヤの空気圧の不足は燃費の悪化につながります

9) 不要な荷物をおろす
重ければ重いほど燃費が悪化します

10) 駐車場所に注意
渋滞などをひきおこします

どれもちょっと心がければ実行可能なことです。それぞれ自分の財布のため、また環境のために実際に行動を起こしましょう。

1)の発進については、北海道の冬道をではミラーバーンを防ぐという意味でも重要になってきます。

8)の空気圧は、燃費だけでなく車体の安定などの安全性にもかかわることですから、ガソリンスタンドに行ったときなどに、積極的に点検したいものですね。一声かければガソリンスタンドの人が快く見てくれますよね。

特に10)の駐車については、違法駐車などで緊急車両の通行を妨げることで別な大きな問題にもなりますので、厳禁ですね。
また、ここ北海道などではその一台のために除雪車が入れず、その地区全体が困ることもあります。違法駐車ではなくても、周りに気を配りたいものですね。


(社)日本自動車工業会のホームページを参考にしました。
http://www.jama.or.jp/user/eco_drive/index.html

アイスバーンの基礎知識

今日、自動車免許証の更新をしてきました。
おかげさまで5年間無事故無違反で、また5年有効の免許証をいただいてきました。
知らなかったのですが、中型という免許区分ができていたのですね。
今回の更新で私の免許証も中型になりました。
「ただし、中型車(8t)に限る」という制限がついて、実質運転できる車両の大きさや、人数には変更ありません。

さて、更新時講習のテキストの「北海道を安全に走るために」というほんの中に、アイスバーンの基礎知識という項目がありました。

一口にアイスバーンといってもさまざまなタイプがあり、完全に凍結した路面よりも、日照や走行車両のハッスル熱、タイヤと路面との摩擦などによって路面に水のまくができた状態がもっとも滑りやすいということがかかれています。

■ブラックアイスバーン
一見、普通の道路のように黒く見えるアイスバーンを、ブラックアイスバーンといいいます。不用意に走行するととても危険。前方に黒く光る路面が見えたらブラックアイスバーンと考え、事前に減速してください。

■圧雪アイスバーン
降り積もった雪が踏み固められ蜜dの高い氷の層になったものを圧雪アイスバーンといいます。事前に減速してください。
ただ、スタッドレスタイヤは比較的効きやすい状態といえますね。

■ミラーアイスバーン
車両の停止・発進の繰り返しによって交差点前後に生じる磨かれたアイスバーンをミラーアイスバーンといいます。圧雪アイスバーンの一種ですが、大変滑りやすく、発信時のタイヤの空回りなどによってさらに磨かれることから、事前の減速はもちろん、発進時もタイヤのブリップを考えてゆっくりと発進するように心がけてください。


30分の優良者講習なので、込み入った話はありませんでした。
新しく道路交通法の変更点などが紹介されていました。

特に、印象深かったのはシートベルトについて後部座席も義務化されるということです。
現在は後部座席のシートベルト装着率は8%程度だそうですが、それが義務化されることによって、事故の規模が小さくという計算らしいです。
まあ、手間はかかりますが、人の命がかかっているのですから、仕方がないことだと思います。

トラック査定
Amazonライブリンク
楽天市場

Return to page top