高額の車査定会社を見つけるなら、一括査定.com
------------------------------------------------------------------------

アイスストーム(ピレリ)の概要

アイスストーム(ピレリ)

国内で生産され、日本の寒冷地をターゲットに開発された。

アイスストームの生産はトーヨータイヤが行っている。

イタリアのもの作りのイメージからか性能的に今ひとつのイメージを持たれがちであるものの、実際に使用しているユーザーの評価は高い。

この他、以前より高速走行が可能なスタッドレスタイヤを開発しているなど、スポーツ走行派を意識したタイヤを発売している数少ないメーカー。これらのタイヤでは凍結路の絶対的な性能はやや譲るものの、冬季でもほとんど積雪が無い地域やシーズン中わずかに積雪地に行くようなユーザー、乾燥路での走行性能を重視したいユーザーに向いている。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

タグ / 

エスピア(ファルケン・旧オーツタイヤ)の概要

エスピア(ファルケン・旧オーツタイヤ)

国内メーカーでは早くからスタッドレスタイヤを開発し、その効きの良さや圧雪路の強さで、スタッドレスが普及し始めた当初北海道のユーザーに絶大な支持を得る。初期の本格的スタッドレスタイヤ「SL-30」が評判となった。

キャラメルパターンの、目の粗いタイヤが特徴であり、圧雪路の駆動力に優れたタイヤを得意としているが、近年は次第に凍結路や乾燥路への対応へとシフトしつつある。

多孔質構造の軽石による引っ掻きと吸水をコンセプトにしている。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

タグ / 

ガリット ・ ウインタートランパス(トーヨータイヤ)の概要

ガリット ・ ウインタートランパス(トーヨータイヤ)

クルミの殻によるひっかきをアピールしているスタッドレス

クルミの殻は氷より固くアスファルトより柔らかいので自然にもやさしい素材である。

メーカー的にはブランド力が劣るが、技術力は高く様々なアイデアを駆使した開発を行っている。

国内メーカーで唯一、ミニバン専用スタッドレスをラインナップ(2006年現在)している。

夏タイヤも含めてV字型パターンを得意とするメーカーで、スタッドレスにもV字パターンにサイプを3000本入れた「オブザーブ」を発売していた。V字の設地面の関係上、制動力は良かったが駆動力がかかりにくいのが欠点で、その後スタッドレスではこのパターンを止めた。

クルミが抜け落ちた後の穴が発泡ゴムと同様の効果が出ていることが実証されている。

最近では、縦制動だけでなく雪道でのカーブや横滑りをケアできるよう、360°全方向に効くをコンセプトに、六角形のサイプを採用するなど他メーカーよりも一歩進んだ取り組みを行なっている(ガリットG4、ウインタートランパスMK3など)。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

タグ / 

X-ICE(ミシュラン)の概要

X-ICE(ミシュラン)

分子構造を根本的に見直して、接地時に分子を分離させゴムの表面のしなやかさを維持させることに成功したスタッドレス

また、Zサイプ採用でゴムの倒れ込みを防止することに初めて成功している。

コンパウンド自体に除水・氷に対するひっかき効果が無くクロスZサイプがスポイトのように水膜を吸い取るとあるが実際には吸い取るだけの緊密性が無く効果は殆ど発揮されず、氷上性能は国内メーカーより劣る。

初期の頃のスタッドレス「XM+S100-MAXIGRACE」はオーツのエスピアとともに寒冷地ユーザーの高い支持を得た。

当初より氷上性能よりも乾燥路の走行性能を意識した設計をするメーカーである。
冬用タイヤ顧客満足度を3年連続で1位を獲得している。

乾燥路や高速道路での性能が優れているがゆえ、氷上性能が低いように誤解される事もあるが、氷上性能も乾燥路走行を両立させたタイヤである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

タグ / 

トラック査定
Amazonライブリンク
楽天市場

Return to page top